AZ-1 フロント部に小物入れを作る FRP編

 2013-06-09
AZ-1のフロント部分にはスペアタイヤが乗るスペースが空いています。
しかしやんごとなき理由によりタイヤは運転席後ろに移動となりました。

かくして、フロントのスペースはなにも乗らないまま空気を載せて走っているのでした。 めでたしめでたし。
 
ただでさえ収納スペースの少ない車ですので、フロントの小さなデッドスペースも貴重です。
多くの方がスペアタイヤをフロントに移設しています。正面からは事故ら無いぞ!という前提で。。

私もすこし考えましたが、スペアタイヤの代わりにパンク修理剤に載せかえて、タイヤの他に荷物を載せたほうが良いんじゃないのか?という結論に至り、タイヤ移設ではなく小物入れを作ることにしました。
# 常時スペアタイヤレスというのもアレなので、有事の際だけタイヤレスにして、その時にパンクしたら運が悪かったと思って修理剤を使う・・・みたいな使い方を考えました! た!


小物入れ雄型をダンボールで作成!


DSC_1585.jpg
 ダンボールを切り貼りして雄型を作成します。雌型はFRPの積層が面倒なので回避が吉。


DSC_1588.jpg
 後方の高さはストラットタワーバーを参考にあわせました。前方側はタワーバーからボンネット接触面まで紐を引いてそこより低くすることにしました。


DSC_1590.jpg
 フロントにはジャッキの手回し工具が置いてあるのでそれを避けるような形にします。(面倒) それから、FRPはキツイRには追従しないので、角の部分は面取りした形で作成します。


DSC_1595.jpg
 こちらは底の部分。ダンボールを複数枚重ねて面取りしておきます。ここで少し苦労しておくとあとで楽できます。


DSC_1596.jpg
 ダンボールのままFRPを積層すると樹脂が吸い込まれてしまって無駄になるばかりか、離型が困難になります。いろいろと方法はあるのですが私はガムテープでぴっちり目止めしちゃいます。その上からシリコンスプレーを吹けばとりあえずナントカなります(後述)。 底の部分は広い平面となるので、補強のためリブ加工を行いました。これは効きます。 ここまで出来れば雄型は完成です。重要なので満足するまで手をかけて育ててあげましょう!


FRP積層


DSC_1600.jpg
 近所のホームセンターとダイソーでそろえました。樹脂(硬化剤付)1.7k円、グラスマット0.6k円、あとは紙コップやらハケやらゴム手袋やらを適当に準備。


DSC_1604.jpgDSC_1605.jpg
 業務用のFRP離型剤としてPVAが使われるのですが、洗濯糊が同じ成分ですので代用できるという情報を入手しました。さっそくなので試してみよ・・・・うとしたのですが、ガムテープを貼ってしまったのでどうにも塗れません。(はじいてしまう) 仕方が無いので今回はPVAは使用しませんでした。
ガムテープにシリコンスプレーをこれでもか!と噴いて離型剤の代用とします。車用のワックスでもいいみたいです。


DSC_1606.jpg
 紙コップに樹脂を100ccずつ取って作業しました。最初はちゃんと計量していましたが、三回目くらいからはもう適当に目分量で作業しちゃいました。意外となんとかなります。だいたい100ccに対して、硬化剤を指先で3搾りくらいです。(^o^)


DSC_1608.jpg
 一旦樹脂のみを雄型に塗り広げ、すこし待ったらベトベトヌメヌメになるので、すかさずグラスマットを置いて上からさらに樹脂を塗りたくります。ハケは塗る感じではなく、ぺたぺたと塗りたくる感じで使います。ぺたぺた。角の部分は樹脂が相当ベタベタしてきた頃合に、そりゃーっとマットを貼り付けていけばなんとかなります。


DSC_1614.jpg
 硬化剤の混合比にもよりますが、2時間もすると固まってきますので完全硬化してしまうまえにバリバリと雄型を剥がします。可能なら無傷で離型したいのですが、おそらく難しいと思います。ダンボール+ガムテという構造の柔軟性を生かして、型を破壊しながら離型します。運がよければもう一回くらいは型を使えるですよ。
離型できたら強度を確かめてみて、もっと強くしたい場合は表面がペタペタしているうちにさらに積層しちゃいます。強度が十分かなと思ったら、同じく表面ペタペタのうちに樹脂のみを流して仕上げの層を作り、出来上がりです。やったー!


フタの作成


DSC_1617.jpg
 フタを作成します。同じようにダンボールで雄型を作成。


DSC_1619.jpg
 すでに出来上がっている本体側にかぶせるようにして作成すると楽で、サイズ違いも防げます。


DSC_1621.jpg
 ちょっとここで色気を出して、補強用のリブは AZ-1 と書くことにしました。(面倒でした!)
 Rがキツ過ぎたな・・


DSC_1624.jpg
 フタ部分も同じようにFRPを積層(含侵 ガンシンというらしいです)してバリバリと離型したのがこちら。
残念ながらAZ-1のリブはほとんど目立たず、特定の角度から見てようやく目にする程度。Rがきつすぎてグラス繊維が追従していません。ぎゃー!


DSC_1626.jpg
 仕方が無いのでフタの裏からガムテープでリブの形に船をつくります。この周囲に樹脂を流して境界をハッキリさせます。
(スマホカメラがちょっとお馬鹿で、蛍光灯と干渉して縞が出ていますが気にしないでください)


DSC_1628.jpg
 樹脂を流して境界線を浮かび上がらせる作戦はまずまず成功し、AZ-1の文字も見えるようになりました。本体部分と同じように、樹脂のみの仕上げ層を作って完成! です。


DSC_1630.jpg
 もちろん、本体部分と合体させても破綻はなく、フタとして使えます。 ボコボコしてて手作り感丸出しですが、ボンネットの中のものだし、この程度でいいかな。私だけの隠された愛着ポイント、ということで。


取り付け


DSC_1637.jpg
 完成品を置いてみて、狙い通りに収まることを確認! いいねぇ。


DSC_1649.jpg
 雨水はそう多く掛からないし、フタのフチは深めに作ったので水はほとんど入らないはずですが、念のため本体の底に水抜き穴を開けておきます。3mmくらい。


DSC_1650.jpg
 本体側のフチにはドアモールを取り付けてフタと喧嘩しないようにします。


DSC_1639.jpgDSC_1641.jpg
 ラジエータを覆っているカバーを取り外し、ドリルで取り付け穴を開けておきます。 AZ-1よ、許せ・・。(少しだけ心苦しい)


DSC_1642.jpg
 カバーの中はサビが侵攻していたのでサビチェンジャーで処理しておきます。やらないよりいいよね。


DSC_1646.jpg
 開けた穴にU字ボルトを固定します。若干薄い鉄板なので、裏側は広めのワッシャーをかましました。サビの懸念箇所を増やすのも嫌なのでここはステンレスを奢る! ・・といっても150円程度ですけどね。


そして完成


DSC_1648.jpg
 こんな感じに完成! 苦労したAZ-1の文字はあんまり見えないが・・・まぁいいか。見せびらかす出来でもないし。簡単に取り外し、持ち出しできるように、ベルト止めとしました。簡単なラッチ付きのベルトで、締めるのも解くのも楽チンです。


DSC_1651.jpgDSC_1655.jpgDSC_1658.jpg
荷物を入れるとこんな感じ。↑
透明度があるので、中に何が入っているかなんとなく分かるのがお気に入り。三角停止版を収納できるように、わざわざ四角ではない形にして苦労しましたが、その甲斐あってバッチリ入ります。


DSC_1659.jpg
 タワーバーとのクリアランスもほぼ狙い通り。 ベルト固定なのである程度調整効きますし。
無論、ボンネットを閉めても干渉しません。まだすこし余裕があるくらいです。MSV等のボンネットだと駄目かな?




助手席後ろの貴重な貴重な収納スペースに、牽引ロープやらブースターケーブルやら車載工具、三角停止版等を置いていましたが、ようやくコイツらを他所に移すことが出来ました。 振り返って見た景色がスッキリしていて満足!です。
いざとなればスペアタイヤを置き捨てて、割と広めなスペースを確保することも可能になりましたのでちょっと気が楽になりました。

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/120-e1ab396d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫