AZ-1 ガソリンタンク交換

 2013-06-22

以前からの懸念箇所だった、ガソリンタンクを開いてみたら・・・・ アッ だめだこりゃ・・


 
現存するAZ-1の中には、「保管」されて生き延びてきた車両もそれなりにあります。
そのような車両の中には、ガソリンタンクが錆びている個体があるそうです。

私のAZ-1がまさにそれでした。購入時に中古車店のおっちゃんが、「AZ-1を二台持ってる人から買い取った車両だよ」と言っていたので、部品取り車状態&保管車両なんだろうなぁと薄々思いつつ…。 まぁ、見た目はほぼドノーマルで私の希望と一致してたので買ったわけですが。
たぶん、大事に大事に保管されてた車両なんですねぇ。細かいネジ類が統一されてないのは、部品取り…? まーそこは私は気にしないのでいいか。 どのみち、錆びたボルトネジ類はどんどん交換していくし。



できれば・・・ポンプ交換くらいで済んでくれ…ッ とタンクを開けてみました。
DSC_1663.jpg
ガソリンタンクは助手席を外してその後ろにあるパネルを剥がすことでアクセス出来ます。
たぶんものすごいゴミ・ホコリが溜まっていると思うので、タンクを開ける前に清掃しておきましょう。
私は水洗いのあとウエスで拭き取って、さらに要所はパーツクリーナでキレイキレイしました。
ポンプユニットは、プラスビスでタンクに止っているので舐めないように外しましょう。

ホースはポンプユニットに三本繋がっています。写真の上からすこし太めの奴が給油口へ繋がるエア抜きパイプ、その下のちょっと細い奴がポンプ出力、さらにその下の奴がリターン(?)です。
ポンプユニットにではないですがもう一本あります。作業の邪魔なので私は一端外しちゃいました。

当たり前ですが、火気厳禁です。
また、ガソリン蒸気は空気より重いため下に溜まります(見えなくても溜まってます)。
換気を良くして絶対に火気を近づけないで下さい。



DSC_1669.jpg
ポンプユニットのネジを全て外し、パイプ類を抜き取り、ポンプの電源線のカプラを外せば、ユニットがフリーになります。タンクとの間にゴム製(?)のパッキンがあるので落とさないようにしてください。
知恵の輪状態でようやく取り出せるクリアランスしかありませんので、じっくりゆっくり攻めてみてください。○印で示している部分にエア抜き経路のパイプがあるので、最初にこれをタンクから外に出してあげるとスムーズでした。(取付けはその逆で。)
ポンプユニットには残量計のフロートがあるのでそのアームを曲げてしまわないように注意してください。(十分な柔軟性があるので相当無理しない限りは大丈夫だと思いますが…)



DSC_1664.jpg DSC_1665.jpg
ポンプが外れました。もはやこの状態を見るだけで「お察し下さい」です。
ポンプ本体の錆は指で擦ると落ちたので錆の粒子が付着・固着したのだと思います。
ストレーナーは錆の粉で詰まり気味。指で小突くとポロポロと錆の粉が… HAHAHA.



DSC_1668.jpg
もはや見なくても分かりますが一応タンクの中…
壁面が錆で覆われています。ガソリンは真っ茶色。 \(^o^)/



この時点でタンク交換を決意しました。これはどうにかしておかないと被害が広がるばかりか、ガソリンが漏れ始めたら一大事。
オートザムの看板を掲げているマツダ屋さんが近場にあったのでそこでタンク・ポンプの交換をお願いしました。

ポンプくらいなら自分でやろうと思っていたけど、タンクとなると… 廃棄とか面倒だし、お店にお任せしちゃいます。ガソリンだしね。




DSC_1786.jpg
交換したのはガソリンタンク、フューエルポンプ、フューエルフィルタです。それからパッキン類。
ポンプASSYが3.7諭吉、ポンプ単体が2.6諭吉、タンクが3.5諭吉でした。ポンプASSYは妙に高すぎだと思うのですよ。残量計のフロートが付いているわけでもないのに何でそんなに高い?
私はポンプ単体で発注しました。画像に載っているほかに、ホース類も交換して貰いましたがこれは在庫で対応してもらいました。多少ホース代のお金は払いましたが安く済みました。



DSC_1781.jpg DSC_1779.jpg
フューエルフィルタは別途、2月にすでに入手済みだったのでパーツ持ち込み扱いで交換して貰いました。



DSC_1778.jpg
交換後。
タンクを見るには潜るか、助手席を外さないといけないので、そこまでの気力が無かったです。というわけでフィルタの写真だけ。


これで燃料系は健康体になったかな! 欲を言えばインジェクタも見てみたいけど、エンジン下ろす必要がありそう?だし今の段階でそこまではやらないかな・・・という感じ。 たまにインジェクタの洗浄剤をおまじないとして入れてやってご機嫌を取りながら乗っていこう。


次は、点火プラグを既に入手してあるので、点火系を健康にしてあげようかな。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/122-fe49bce0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫