FUJIFILM FinePix Z2000EXRを買いました。

 2013-08-27
デジカメということで、カテゴリはPCにしておきます。あんまりカテゴリ増やすのもイクナイので。

ずっと携帯電話のカメラで済ませていましたが、画面中央部が緑色にカブってしまうし、蛍光灯下では稀に干渉して縞模様が出るのですごく嫌でした。
とりあえずまずは携帯カメラの置き換えということで、お手軽なコンデジを買いましたよっと。
 
狙う用途は「携帯カメラの置き換え」なので、手軽さ重視です。画質はそこそこあればいいです。
また、携帯(スマホ)ではwifiで画像をNASに飛ばしてそれをPCで観ているのですがそれがすんごい楽ちん。
いまさらケーブル繋いで・・・というのは手軽さから遠くかけ離れてしまう気がするので、Wifiでデータ飛ばせるカメラであることを必須条件としました。

それから、手軽に・・・ということで若干ラフに扱いたいのでレンズ筒がせり出してこないものがいいかな、と考えながらお店に行きました。ヤマダ電機ですけどね。

まず売り場で「レンズ固定」「wifi装備」のモノを聞いたところ、FUJIFILMのXP200Z2000EXRを提示されました。
XP200は防水、落下に強いまさに漢のカメラ。格好良い。画質はちょい悪。
Z2000EXRは所謂民生品(という外観)、シュッとしてて女性にも受けそうな感じ。EXRとかいう機能を持っていて暗いところで明るく見える補正ができるらしい。
次にレンズ固定の条件を外した場合のオススメを聞くと、CanonのIXY610FとSONYのなにかを提示されました。
IXY610Fはレンズがせり出してくるタイプで、レンズ固定のものよりも画質上有利とのこと。
SONYのなにかは、動画の画質が良いらしいのだがWiFiはスマホに送るのみとパンフに書いてあったので除外。(PCにデータ渡したいので)

あとSONYは古いサイバーショットでリコールがあったり、そのリコールで交換した数ヶ月後に突然死したことがあったのでちょっと避けたい感じ。

というわけで、XP200、Z2000EXR、IXY610Fに絞りました。どちらもWiFi機能を持っていて、スマホ・PCにデータを渡すことが出来ます。防水で固定レンズのXP200か、EXRで固定レンズのZ2000EXRか、画質良いIXY610Fか。店員と相談しながら自分の用途を考えてみると、たぶん車の整備とかで車体下の写真とかを記録用に撮ったりしそうなので、暗いところが苦手なXP200をまず除外することにしました。


残ったZ2000EXRとIXY610F。固定レンズと画質、どちらを採るか、決めあぐねて最後は実際の使い勝手を試してみることにしました。店員にお願いして、それぞれのWiFi機能を私の手持ちのスマホで味見してみることにしました。どちらも専用のアプリをGooglePlayからインストールしてデータを引っこ抜きます。両方ともスマホからカメラ内のデータを閲覧し、選択したデータを引っこ抜くことが出来ます。機能的にはどちらも遜色ないモノでした。
が、手順にひとつ違いがありました。
IXY610Fの方はカメラでスマホ連携モードに入れ、スマホでカメラに表示されるパスワードを使って(カメラの)無線APに接続し、そこでスマホからアプリを起動する。
一方のZ2000EXRはカメラでスマホ連携モードに入れ、スマホでアプリを起動すると自動的に(カメラの)無線APにぶら下がり、操作ができるようになります。

1ステップだけ、手順が多いのが気になりました。12桁だか16桁だかのパスワードを入力するのが面倒。
それぐらい面倒がるなよ、と言ってしまえばそうなんですが、私は「手軽さ」が欲しいので、その点ではZ2000EXRに軍配が上がりました。

セキュリティ上の~という観点もありますが、そういう場合は無線なんかつかっちゃダメですもんね。



というわけで、FUJIFILMのZ2000EXRをお買いあげ!
ヤマダで1.7諭吉でした。Amazon等では1.3諭吉くらいみたいでしたが、店員と結構長い時間あーでもないこーでもないとか最後には二機種でWiFiの味見までさせてもらいましたので、まぁそこは買いましょう、と。

筐体の色は白、青、赤、桃、がありましたが白はなんかプラスチック然としてるっぽいのが気になったので青にしました。
DSC_2195.jpg
買ってから気づきましたが、自分撮り様のミラーが付いてますね・・ いつか使おうか。。。

カメラ本体の他の付属品は、ストラップ、USBケーブル、バッテリー充電器、マニュアル、ソフトウェアCDでした。
DSC_2196.jpg

また、Z2000EXRが置いてある棚の奥にカメラポーチが転がっていたので、店員に「こんな感じのこのカメラ用のアクセサリ的なモノもあります?」と聞いてみたところ、「それを差し上げます」とのこと。ワォ、ラッキー(?)
DSC_2219.jpg DSC_2221.jpg
FUJIFILMの非売品だそうです。元々プレゼント用?
(この画像はスマホで撮りました。中央部がうっすら緑色になっちゃってます。凄い嫌!)


動画もとれます。Z2000EXRは写真撮影モードの時に動画ボタンを押すと押した瞬間から動画撮影が始まります。最初は戸惑いましたが、無駄に画面遷移させるよりはいいねぇ。無意味に納得してしまった。
ちなみに撮影した動画は下記のようなファイルでした。
General
Complete name : DSCF0052.MOV
Format : MPEG-4
Format profile : QuickTime
Codec ID : qt
File size : 32.9 MiB
Duration : 7s 7ms
Overall bit rate : 39.3 Mbps
Movie name/More : FUJIFILM DIGITAL CAMERA FinePix Z2000EXR
Encoded date : UTC 2013-08-27 17:14:43
Tagged date : UTC 2013-08-27 17:14:43
Origin : Digital Camera
free : ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!。"「#」$、%・&ヲ'ァ(ィ)ゥ*ェ+ォ,ャ-ュ.ョ/ッ0ー1ア2イ3ウ4エ5オ6カ7キ8ク9ケ:コ;サ<シ=ス>セ?ソ@タAチ

Video
ID : 1
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L4.2
Format settings, CABAC : No
Format settings, ReFrames : 1 frame
Format settings, GOP : M=1, N=30
Codec ID : avc1
Codec ID/Info : Advanced Video Coding
Duration : 7s 7ms
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 36.6 Mbps
Width : 1 920 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate mode : Constant
Frame rate : 59.940 fps
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Progressive
Bits/(Pixel*Frame) : 0.295
Stream size : 30.6 MiB (93%)
Language : English
Encoded date : UTC 2013-08-27 17:14:43
Tagged date : UTC 2013-08-27 17:14:43

Audio
ID : 2
Format : PCM
Format settings, Endianness : Little
Format settings, Sign : Signed
Codec ID : sowt
Duration : 7s 7ms
Bit rate mode : Constant
Bit rate : 1 536 Kbps
Channel(s) : 2 channels
Sampling rate : 48.0 KHz
Bit depth : 16 bits
Stream size : 1.28 MiB (4%)
Language : English
Encoded date : UTC 2013-08-27 17:14:43
Tagged date : UTC 2013-08-27 17:14:43




今のところ、本体に大きな不満などはないです。まだ大して使ってないからかもしれない。
とりあえず一つあげるなら、USBケーブルの用途と種類。
DSC_2222.jpg
本体側はより一般的なMicroBタイプにして欲しかった!そしたらスマホなどと共用できるから無駄にケーブル持ち歩くこともない。
それから、ケーブル接続時に本体でバッテリーを充電出来るようにしてほしかった。充電の度にバッテリー取り出すのが面倒・・・。 お手軽がいいの。。


というわけでZ2000EXRでした。
次回はこいつのWiFi機能の使い勝手についてちょっと画像を交えて書いてみます。
購入前に一番気になったのがそこでしたので。

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/135-35f68b92
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫