Windows8.1が勝手にスリープを解除するのをやっつける

 2014-02-16
私はデスクトップPCでもスリープ状態をよく使います。
Windows8.1を使うようになってから、しばしば(ほぼ毎日)スリープが勝手に解除されていることが続きました。

Win8はくそ!

 

最初はキーボードやマウス、ネットワークインターフェースからスリープが解除されているのではと推測し、デバイスマネージャからそれらの項目で「スリープを解除できる」のチェックを外しました。
しかし・・ それだけでは改善しませんでした。


犯人はコイツです!

auto-ment.png

コントロールパネル > アクションセンター > 自動メンテナンス から、「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」のチェックを外します。
こんなのを許可した覚えは無いので、デフォルトでチェックが入っているのか? 迷惑すぎる。


これで一週間以上使っていますが勝手にスリープが解除されるようなことはなくなりました。




その他、スリープにまつわる不思議。
完全電源オフから電源オンしたとき(コールドスタート)は、電源ボタンを押すとスリープに入ります(そのように設定してある)。しかし、一度スリープに入れた後の復帰後は電源ボタンを押してもなにも起こらない・・・。スタートメニューの「スリープ」を押せばスリープには入るのでこのまま使っているが、なんかキモチワルイ。何度もスリープを繰り返しても電源ボタンではスリープに入りません。最初の一回のみです。バグなの?
私のPCはBTOなのでスリープ機能の周辺に相性問題でもあるのか・・・よくわからない。



 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/155-acb3b7cf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫