WindowXPがオダブツになった機会に

 2014-04-09
うちでがんばっているWindows8.1とWindows7のフルバックアップをとりました。

こういう機会をモノにしておかないと後で後悔するので~
 
WindowsXPは本当に息の長いOSでしたね。すばらしいOSだったと思います。MacOSXみたいにね!

XPの終了は単なる機会に過ぎないんですが、うちのシステムのフルバックアップをとりました。


Windows9xからXPまではNortonGhostを使っていました。特に、9x世代は半年に一回くらい書き戻し作業をしてました。
XPになってからは、不調になるか、1,2年経つかしたら書き戻す感じでした。

Windows7以降はまだ一度も書き戻し(リカバリー)などはしていません。安定していますね。

とはいえその準備を怠るのは愚策。


NortonGhostは9x世代に使っていたモノなのでそろそろ陳腐化してたしかなにかの理由で使えなかったような気がする。
なので、Win7以降はParagon Backup & Recoveryというものを使っています。
なんと言っても今まで使っていたNortonGhostとは違って、Windowsを生きたままバックアップできます。(起動しながら自分自身をコピーできる)なかなか賢い。
Microsftのシャドーコピー?だったかな?そういうOSの機能を使っているらしいので、ParagonというよりはWindowsが賢くなったんですね。

Paragonを使って外付けHDDにシステムパーティションをMBR含めて丸ごとバックアップしています。本当はもっと須磨とに増分バックアップとかあるのでしょうけど、個人用途ならこういうのでも十分かなって思っています。アメリカの諺にあるように、「できるだけ簡単にしておけ」です。


さて、Paragonはなかなか使い勝手の良いソフトなのですが、一応プロプライエタリなソフトです。レストア使用と思ったときに供給が途絶えてしまっていたり・・・というのも可能性としてはあるかも? なので一応Paragonのセットアップ用のファイルも一緒にバックアップしています。

・・ですが、これまで信頼できる(ハズの)NortonGhostを使っていたので、なんとなくもう一つ手法をかぶせておきたい気持ちになったんです。


というわけで、Paragonでバックアップをとりつつ、Partimageでもバックアップをとっています。
うちのシステム領域は64GBや128GB程度のSSDで、これを1TBの外付けHDDにおいてますのでデータの置き場所には特に不便しないので二重取りしています。

Partimageはオープンソースでそれなりに枯れたソフトウェアなので、そういう意味ではParagonを上回る信頼性を感じる(あるとは言っていない)

いわゆるLiveOSであるKnoppixから起動し、RootShellでPartimageを起動してペロリとパーティションを舐めとっています。
Knoppixである必要は特にありませんが、LiveOSの老舗ですのでコイツをUSBフラッシュメモリに入れて一本持っておけば安心ですよ。UbuntuなどをUSBフラッシュに入れる方法もありますが、最初からLiveOSとして開発されたもののほうが親和性が高いと思います。UbuntuなどはUSBフラッシュでの長期運用に難があるとかwebで読んだ気がするので。
Knoppixはいろいろファイルシステムなど工夫されてるのでフラッシュメモリ上でもそこそこ使えるようです。


DSC_2789.jpg
ParagonもPartimageも、圧縮しながらバックアップをとれますが、どちらもだいたい40GB@Corei5で70分、80GB@Corei7で55分程度でした。圧縮に時間がかかってる感じですね。
ちなみに、PartimageはGzipでの結果です↑


PartimageではBZip2も選択できますが、とたんに速度が落ちて4時間近くなるとのことだったので止めました。
時間というリソースを消費してディスク領域のリソースを節約するか、
ディスク領域のリソースを消費して時間というリソースを節約するか、というわけですね。

まぁ実用的にはGzipで十分かと思います。最近はHDDが安いですからねぇ。
ネットワーク経由等でしたらBzipも選択肢に入るかも?くらいかなー。



というわけで、以上。
みなさん、機会を見つけて後悔しないバックアップ生活を!
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/161-888a72be
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫