AZ-1 ジャッキアップポイントをペイント

 2014-07-26
一般的な車のようにサイドシルのフランジ(?)にジャッキをかけると曲がります。
よく見れば車重を支えられそうかどうかなんとなく分かるってもんですが、用品店等での作業でここにかけられて曲がっちゃう事例があるそうな。
 
というわけでスコーシでもその危険性のを下げようと思いたち、ジャッキアップポイントを蛍光色でペイントしてみました。


リア側
DSC_3010.jpg DSC_3011.jpg DSC_3012.jpg


フロント側
DSC_3014.jpg DSC_3015.jpg


スマホのカメラで撮ったので(?)、蛍光色がナニヤラ変な感じに写ってます。。。
赤っぽいですが、蛍光オレンジです。


リア側はエンジンフレーム? サブフレーム?のところに ぼくだよ! と主張している突起があるのでそこ。
フロントはちょっとわかりにくいが、フロアとフロントバルクヘッドの合流箇所からちょっとリアのフロントサスサブフレーム?の車体結合部です。


ちなみに、車載ジャッキはここへかけてもいいのですが、
本来はフロント・リア共にロアアームのスタビが刺さっているバルジのトコにかけます。 
ジャッキの頭の凹みがそこにぴったりフィットするので車載ジャッキで上げるときはそこでいいと思います。



個人的には、以前パジェロミニに乗っていたこともあってか、車体下の赤い塗装にちょっとした憧れがありますのです。
箱トラックとかロングの車両とかのフレームが分厚い塗膜の赤い塗装の、あれです。
足回りが綺麗な車は、車が好きな人が乗ってるんだなぁって思うので、なんとなく好ましく思うのですあります。はい。

たとえば欧州車などは、ホイールの汚れを見れば車好きなのか、ただたんに格好つけで欧州車に乗ってるのか(偏見!)が区別つきますね!向こうの車はブレーキダストがすごいですからね。



というわけで、ジャッキアップポイントのマーキングでした。
賃貸駐車場なので、重整備はお店に任せる方針な背景からの危険回避です。

車体下のワンポイントとしても。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/166-5eaf5f7a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫