RaspberryPi 入れ物を作った 二代目

 2014-09-07
100均一のタッパーに穴開けて詰め込んだらCPU温度が55度前後まで行ったのでビビって別の入れ物を作りました。

 
入れ物というか、周辺の配線やらを固定できて、ある程度物理的に保護できてればいい。というスタンスの、作業台のようなものです。通気性抜群ですよ。ははは。



適当な板を切り出す。薄いベニヤで200x300mmくらい。
2014_0903_18074400.jpg #400程度のペーパーでちょこっと撫でておけば充分きれい。



ちょっと色気を出して白く塗装。 余り物の塗料が転がっていたから・・・
2014_0906_19540500.jpg



高さのそろった適当な端材を4つ準備。 足です。四隅に釘で固定。
2014_0906_20093800.jpg 2014_0906_20163800.jpg



足の裏に画鋲を刺す。 もう一枚の板には100均で買ったネオジム磁石を接着。 もうお分かりでしょう。完成です。
2014_0906_20270500.jpg 2014_0906_20381800.jpg



大枠はできあがったので、RaspberryPiとかを固定できるように加工。100均のマジックテープをぺたり。
2014_0906_20274300.jpg 2014_0906_20373300.jpg 2014_0906_20373700.jpg



RaspberryPiの裏にもぺたり。
2014_0906_20445900.jpg



ブレッドボードやら、ハブ兼電源用のセルフパワーUSBハブ、有線LANやらを固定。うーんこれはいろいろ実験してみたりするときに超便利なのだわ。
2014_0906_20564500.jpg あまった配線類もマジックテープで固定できる



蓋、というか覆いを被せて完了。 空冷CPUだし密閉する必要などなかったんや。
2014_0906_20580800.jpg 2014_0906_21035900.jpg
今のところはとりあえず足下の奥に詰め込んであります。 さすがに配線類が混みすぎなので今度ちゃんとお掃除しませう。



CPU温度はとりあえず10度下がって、45度前後になったみたい。まだ、しばらく様子を見る。
graph_image.png




マジックテープで平台に固定するというのは、ちょっとお試し、とか実験とかがとってもやりやすくてお気に入りです。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/169-0df31389
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫