RaspberryPi CPU温度 その2

 2014-09-12
RaspberryPiのケースを作り直したのでその効果のほどは?
 

ここまでのおさらい


100均のタッパーにRaspberryPiを詰め込んだ。

そしたらRaspberryPiのCPU温度が60度超えるようになった。

温度にビビってあたらしいケース?を作った。


タッパーケースの場合

DSC_3187.jpg
rpi_cputemp00.png
rpi_cputemp01.png
2日間で最高温度は61.14度、最低温度は48.47度、平均はだいたい53.26度くらい。


板切れケースの場合

2014_0906_20580800.jpg
graph_image140908.png
graph_image140909.png
2日間で最高温度は49.22度、最低温度は41.77度、平均はだいたい44.97度くらい。


結果

両方とも、温度が高くなる午後過ぎにstressコマンドによって1時間、負荷をかけている。平均温度で8.29度下がった。
50度超えることは無くなったようなので、一安心。エレクトロマイグレーションとかも高温だと顕著?だっけ? 寿命が延びるのは良いことですナ。

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/171-c058abf2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫