タイヤの空気圧管理 エアゲージと足踏みポンプの話

 2014-11-13
タイヤの空気圧管理用に、エアゲージと、足踏み式ポンプを購入してみました。
さて、どの程度 ”使える” のでしょうか。。。

Amazon.co.jp: エーモン 6781 エアゲージ (ピットブラック): カー&バイク用品 : http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002BNFFHC
Amazon.co.jp: CYQUA(サイクオ)フットポンプシングル 踏みマッチョ ブルー SG CY001BL: カー&バイク用品 : http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00C9RFF34
校正に出すほどのものじゃないので、そこそこ信頼できるだろうところで空気圧を調整してもらい、
それをお手本にして測定値を確認してみます。


オイル交換時期だったので、スーパーオートバックスに行って交換してもらいました。
ついでに空気圧も調整してもらい、220kPa入れてもらった。

後日、手持ちの測定機材での測定値を確認。
2014_1102_11593600.jpg



足踏み式ポンプの付属メーターの場合

期待値は220kPaですが、ポンプ付属品は130kPaを指しました。 えっ?
2014_1102_11595400.jpg
同時に、エーモンのゲージでも測定していますが、そっちは225kPaと、ほぼ期待値通り。

ポンプなので、自分で加圧しないとちゃんと測定できないのか?と思い、ポンプで220kPa入れました。 エーモンのゲージで確認すると・・ 285kPa えっ?
2014_1102_12011600.jpg 2014_1102_12014900.jpg
「目安です」とありましたがさすがにこれでは目安にもならんデス。

ただ、ポンプ自体の作りは他社製品より堅牢そうで、悪くはなさそう。
ポンプとして使用し、圧力の管理は別途エアゲージを使えう必要がありそうです。

エーモン6781エアゲージの場合

同じく、期待値は220kPaです。
2014_1102_12014900.jpg 2014_1102_12035000.jpg
2014_1102_12045900.jpg 2014_1102_12055000.jpg
測定値は四輪ともに約225kPa~230kPa程度。 複数回測定した際のバラツキも5kPaとかその程度なので、充分信用できそうです。
さすが専用品、と言ったところか。 お安い価格の割にはちゃんと期待値に近いところを指してます。この個体では+10kPaくらい高く指しているかもしれない、というのを覚えて使ってやれば充分でしょう。

エーモンゲージ vs アサヒ ガスレギュレータ

ミドボン用にアサヒのレギュレータを持っているので、0.5MPaから3.5MPaまで0.5Mpa刻みで測定してみました。
2014_1103_10035700.jpg 2014_1103_10043300.jpg 2014_1103_10052400.jpg
2014_1103_10060500.jpg 2014_1103_10064900.jpg 2014_1103_10072800.jpg
2014_1103_10081400.jpg
安定して、+10kPa程度を指しています。 レギュレータの値もそこまで信用できるものではありませんが、少なくともかなり強いコリレーションが見られたので素人の空気圧管理には充分かな、と思います。


やはり専用品は強い

ポンプに付属のゲージは、自分で「目安です」と言っているだけあってその測定値はあまり信用できるモノでは無い。
安物でも専用品であるエーモン6781エアゲージは、絶対値としては+10kPaほどズレている(かもしれない)が、相対測定値としてはかなり安定しており一般人が使う分には充分な性能と思われる。
今回購入したポンプとエアゲージで合わせても1,600円ですのでまだお持ちで無い方々は購入を考えてみてもよろしいのでは?

まぁ、空気圧はガソリン入れるときに無料で見て貰えるので、特に車が趣味というわけでも無い、という人には必要ないかもしれません。
しかし、車が趣味だという方は是非どうぞ。加速も旋回もブレーキも、自動車の走る・曲がる・止まるはすべてタイヤと地面との間で行われます。タイヤの空気圧、大事!です。
 
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/181-ff2f07ed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫