AZ-1 UVライトのすゝめ

 2014-12-14
UV LEDを用いたUVライトを入手しました。 地味に役立つ場面があるので、オススメです。
 
Amazonで千円と少し程度の安価なライトを買ってみました。
Lighting EVER LED UV懐中電灯 ブラックライト ミニサイズ 携帯用 UVハンドライト 51粒LED ジェル用ネイル用 紫外線ランプ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GU55888


当初、紫外線LEDを単品で購入して適当に作ろうと思いましたが、あまり値段が安くないというのと、安いLEDはピーク波長が405nm以上のものばかりだったので、結局既製品を買いました。
395nmとか書いてあるので、ちょっとはマシかなぁという感じ。
DSC_3383.jpg DSC_3384.jpg
スマホのCMOSカメラで撮っているので、盛大に紫色に見えますが、実際にはもっと暗いです。
暗いというか、肉眼では見えないです。見えないですが、それなりに強い光を出しているので、長時間直視しても苦痛はない(直ちに影響はない)ですが、目に悪いそうです。 そりゃそうね。。


ちなみに、375nmとか365nmのLEDも通販で入手できますが、5mm砲弾型の1粒で千円以上するので高すぎです。。


買ったは良いですが何に使いましょうか? まずは部屋の照明を落として、身の回りを照らしてみてください。
とくに樹脂製品で、新たな発見があるかもしれません。可視光では同じ色で同じ樹脂に見えても、紫外線を当てると部分的に発光するものがあり、樹脂の配合やらを変えているものが結構ありますよ。ノウハウなんでしょうかね・・。面白いです。


で、もちろん車の整備にも便利に使えます。
有名なのはエアコンの漏れを検出するUVダイ等ですが、実はLLCや一部のエンジンオイル、ギアオイルなどの液モノは意外と蛍光性があったりします。

たとえばLLC↓
DSC_3439.jpg DSC_3440.jpg
(何度も繰り返しますが写真では分かりにくく写ってしまうのですが、実際にはもうちょっと分かりやすく色が変わっています)
燃圧レギュレータ?っぽいところに垂れてしまったLLCがくっきり浮かび上がりました。



なんていろいろ照らして遊んでいたら、すぐ手当が必要っぽい箇所を発見してしまいました。
まずは可視光で。
DSC_3445.jpg
セルモーターとオルタネータの間からエンジンを見たところ。左上の円筒っぽいのがセルモーター。
正面のエンジンブロックがちょっと汚れていて、なにか液モノが滲んでるのかな~っという感じですが・・・。

   ↓
紫外線はこちら
   ↓


DSC_3442.jpg DSC_3443.jpg
水配管の根元から漏れてるっぽいですね・・・

ここは直接目視が困難で、UVライトがないと気づかなかったと思います。
でかした!UVライト!

さて・・あそこは何の配管なのか・・・ 暖房用の水配管? ガスケット交換くらいでなんとかなれば良いんですケド・・


というわけで、安価なUVライトでも、一本あれば結構便利に使えますので、オススメです。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/182-e99fa8b9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫