スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

AZ-1 エアコン 冷媒漏れをUVダイでチェックしよう

 2015-03-31
約5ヶ月ほど前にほぼ全量相当のR-12ガスを補充し、
約3ヶ月前には漏れ箇所確認用にUVダイを注入しました。

さあ、どこから漏れているのかな?
 

UVライトは以前記事にしたLED式の奴を使います。
というか、このために買いました。

日中でも充分色が変わって見えるので、安いLEDのUVライトでも使えます。



コンプレッサ吐出口接続部に滲みあり。これはOリング交換とかで対応できそう。
aircon_leak_00001.jpg



コンプレッサハウジングにベッタリ・・・これはダメです・・ コンプレッサ交換。。。
aircon_leak_00002.jpg aircon_leak_00003.jpg
下にしたたり落ちるほどですので、結構出ちゃってるはずです。。



フロント側に回って、コンデンサ付近をチェック・・・ 幸運にも、コンデンサは正常!
aircon_leak_00004.jpg



なぜか配管部分に発光あり。。。 なぜ? UVダイ注入作業中に垂らしてしまったかな?
aircon_leak_00005.jpg



そしてコンデンサ接続部に滲み。こっちもなんとかOリング交換でなんとか・・・なるかな?
aircon_leak_00006.jpg



フロントのバルクヘッドから生えるホース下に大量に発光反応・・ これはエバポレーターからの結露水抜きですね・・
エバポは死亡しているみたいです・・・ (´・ω・`)
aircon_leak_00007.jpg



冷媒注入後5ヶ月立ちましたが、冷媒量としてはまだ行けそう。。。漏れてるけどね・・・ うむむ(´・ω・`)
aircon_leak_00008.jpg



↓とってもわかりやすいすてきなどうが↓



R-134aにしたいなぁ・・

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/194-5f092f78
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。