CentOS7.1 kernelを更新したり元に戻したりする

 2015-12-03
NUC5CPYHを買いました! さっそくCentOS7.1を入れて遊んでます。
 
NUC5CPYHには無線LANとBluetoothが搭載されていますが、CentOS7.1を入れただけでは使えません。(有線LANはもちろん使える)
iwlwifiというブツを使うと使えるらしいのですが、Kernel4.1以降からの対応となっている。
CentOS7.1のKernelは3.10なのでKernelさんを更新しなくては・・・。

というわけで、CentOS7.1のKernelを更新します。

Kernel 4.3 install

  1. 現在のkernelの確認
    % uname -a
    Linux localhost.localdomain 3.10.0-229.20.1.el7.x86_64 #1 SMP Tue Nov 3 19:10:07 UTC 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
    Kernel3.10でした。

  2. elrepo-kernelのリポジトリ追加と、yumでのinstall
    # rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
    # rpm -Uvh http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo.noarch.rpm

    # yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml

  3. grubのリストを確認
    # awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2-efi.cfg
    CentOS Linux (4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
    CentOS Linux (4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core) with debugging
    CentOS Linux (3.10.0-229.20.1.el7.x86_64) 7 (Core)
    CentOS Linux (3.10.0-229.20.1.el7.x86_64) 7 (Core) with debugging
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.el7.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 0-rescue-a513ded5ce1f***********
    NUC5CPYHのBIOSがEFIだから?参考資料のfilepathとはちょっと違ってるけど、ソレらしいのを指定してソレらしいリストが得られたので結果おっけー

  4. 狙ったkernelで起動するようにgrubの設定を更新
    # grub2-set-default 0   (上から1行目の設定で起動する場合)

    # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg
    Generating grub configuration file ...
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-3.10.0-229.20.1.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-229.20.1.el7.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-3.10.0-229.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-229.el7.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-0-rescue-a513ded5ce1f436a92a16beb37dd1808
    Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-a513ded5ce1f436a92a16beb37dd1808.img
    完了
    こちらも微妙にfilepathが違うけど、結果おっけーなのだ

  5. 再起動してkernelの確認
    % uname -a
    Linux localhost.localdomain 4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64 #1 SMP Tue Nov 3 20:15:39 EST 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
  6. やったぜ。

参考資料:
My Experiences With Linux: Centos7 Upgrading Kernel to 3.19
http://bipinkdas.blogspot.jp/2015/02/centos7-upgrading-kernel-to-319.html



Kernel 4.3 remove

無事にKernelも4.3になって、iwlwifiも使えたのですが、あるところによるとelrepoのkernel-mlは安定性に難ありということが書いてあった。
さらにCentOS7.1標準のKernel3.10のままでiwlwifiを使う方法(backports)も併記してくれていたので、それならばそっちのほうがよろしかろう、と思ってKernel4.3をremoveしちゃいました。
  1. 現在のkernelの確認
    # uname -a
    Linux localhost.localdomain 4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64 #1 SMP Tue Nov 3 20:15:39 EST 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

  2. grubのリストを確認
    # awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2-efi.cfg
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.20.1.el7.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.el7.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 0-rescue-a513ded5ce1**********
    kernelをinstallしたときと内容が違うけど、まぁ多分、新kernelで起動成功した時点で予備用(?)のエントリが消されたのだろう。多分ね。知らないけど。

  3. 狙ったkernelで起動するようにgrubの設定を更新
    # grub2-set-default 1

    # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg
    Generating grub configuration file ...
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-4.3.0-1.el7.elrepo.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-3.10.0-229.20.1.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-229.20.1.el7.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-3.10.0-229.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-229.el7.x86_64.img
    Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-0-rescue-a513ded5ce1f436a92a16beb37dd1808
    Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-a513ded5ce1f436a92a16beb37dd1808.img
    完了

  4. 再起動してkernelの確認
    % uname -a
    Linux localhost.localdomain 3.10.0-229.20.1.el7.x86_64 #1 SMP Tue Nov 3 19:10:07 UTC 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

  5. kernel4.3の削除
    # yum --enablerepo=elrepo-kernel remove kernel-ml

  6. 再起動後(必要?)にgrubのリストを確認
    # awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2-efi.cfg
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.20.1.el7.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.el7.x86_64
    CentOS Linux 7 (Core), with Linux 0-rescue-a513ded5ce1f436a92a16beb37dd1808
    やったぜ。

削除するときは一旦元のkernelで起動してから yum remove すると上手くいきました。生きてるkernelを yum remove しようとしてもエラーになって止められるので出来ません。当然の反応ですが・・。

というわけで、Kernelをinstallしたあとにremoveする無駄のない無駄な経験でした。
 
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/214-6138dda0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫