AZ-1 クリア塗装補修

 2016-01-11
右フロントフェンダーのクリア塗装が剥離してしまったのでチャチャっとクリアを噴いておく。
 

RfendClear01.jpg
2年くらい前に、洗車するとウエスに赤い色が付着するようになってしまったので、自分でスプレー缶のウレタンクリアを噴きました。・・が、密着が甘かったらしく、洗車場の高圧洗浄の水を当てたところビャララっと剥がれてしまいました(´・ω・`)
一応、クリアを噴く前に塗装面の清掃脱脂と足付けはやったのですが、足付けが甘かったですかね・・。
まぁ仕方が無いので気を取り直してクリアを塗装し直すことにします。
洗車場の高圧洗浄機で剥離できるところを完全に剥がしました。面白いように剥がれる~~(´・ω・`)


RfendClear02.jpg
フェンダーを取り外します。 AZ-1はこうやって外板が一枚ずつ簡単に取り外せるので、面倒なマスキング作業とかを省けますし、室内で作業できたりもするので便利です。


RfendClear03.jpg
高圧洗浄機だけでほとんど(9割近く)剥がれましたが、一部はまだ残ったままなので、耐水ペーパー#1000で削っておきました。


RfendClear04.jpg
そしてベランダでクリアをプシュー。今回は普通の(?)アクリル系のクリアにしました。ウレタンはお高いし、足付けが不十分だと今回のようになるのが分かったので、今後は対症療法でクリアを噴く作戦にします。 ≒ 剥がれたらまた塗ればいいや(^^)


RfendClear05.jpg
指触乾燥まで済んだら室内に持ち込み、エアコンで室温を上げて乾燥を促します。 うーん、なかなか艶が出せてる?(^_^)v まぁ乾燥に伴ってこれから徐々に痩せていくんでしょうけど。。。



RfendClear01.jpg → RfendClear06.jpg
そして元通りフェンダーを取り付けて完了。気が向いたら完全乾燥後に磨こうかな。。。



クリアを塗るだけなら色合わせとかの面倒な調整が不要なので手早く作業できました。やったぜ。
この純正のツートンカラーがとても気に入っているので、是非ともこれから長く維持していきたいです。

ツートンだと、赤い部分に目を取られるのでパッと観たときの印象が平べったくなりますよね~
全身真っ赤にすると軽自動車らしいズングリムックリに見える気がして・・。
まぁこのあたりは個人の好みというところですが、私は純正の配色をいたく気に入っております(^_^)v
 
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/218-b2f3a9bd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫