RaspberryPi dhcpd(サーバ)を使う

 2016-09-26
OPi-clsterのゲートウェイとして動作させるため、配下のノードにIPを配るdhcpdが必要になったのだ。
 
ミッション: OPi-clster構築のために計算ノードが所属する有線LANにIPを配布せよ!


dhcpのクライアントは元から入っていて、interfacesあたりにイイカンジに書いておけばIPをもらってくる事は出来ますが、今回は逆に、IPを配る側です。
また、MACアドレスを指定して固定のIPを配る設定にしてみます。

参考文献

Raspberry PiにDHCPサーバーを設置
http://www.mugbot.com/2014/08/19/raspberry-pi%e3%81%abdhcp%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%92%e8%a8%ad%e7%bd%ae/

そう!参考文献そのままダヨ!


必要なパッケージのinstall

apt-getで用意されているモノを入れるだけの簡単な作業
raspi$ sudo apt-get install isc-dhcp-server


IPを配るためのsetting

今回はゲートウェイとするためにネットワークインターフェースが複数ある環境である。そのため、IPを配る対象となるインターフェースを指定してやる必要がある。固定IPの設定は済ませておく事。
raspi$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf

interface eth0
static ip_address=192.168.111.1/24

次に、実際の配るIPの内容を/etc/dhcp/dhcpd.confに書いておく。
raspi$ sudo nano /etc/dhcp/dhcpd.conf

subnet 192.168.111.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.111.100 192.168.111.200;
option broadcast-address 192.168.111.255;
option routers 192.168.111.1;
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
option domain-name-servers 192.168.64.1;
}

host opipc-01{ hardware ethernet fa:73:a0:aa:aa:aa; fixed-address 192.168.111.101; }


できあがり~。 あとは必要なノードの数だけMACアドレスを追記していけばおっけー。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/248-ae6e5831
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫