RaspberryPi ntpdでサービス提供

 2016-09-28
RaspberryPi(raspbian)は特に何もしなくてもntpdのクライアントとしての設定が有効になっており、気にしなくてもロケールだけ合わせておけば時刻合わせは手放しでオッケーである。
今回はOPi-clsterで使用するためにntpdのサービスを自分以外のノードへも提供してみる。
 
ミッション: OPi-clsterの計算ノードからの時刻問い合わせに返答せよ!


まずはクライアントとしての設定

raspbianでは既に設定済みですが、一応日本国内のイイカンジのサーバを参照する様に設定をしたりしてみようかな。
pi$ sudo nano /etc/ntp.conf
restrict default ignore
restrict 133.243.238.163 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.164 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.243 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.244 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.27 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.57 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.87 nomodify notrap noquery
restrict 127.0.0.1

server ntp.nict.jp
server ntp.jst.mfeed.ad.jp

driftfile /var/lib/ntp/drift

authenticate no
restrict default ignoreで基本拒否し、必要な部分だけ許可する。driftfileはあらかじめ空ファイルを作成しておくとよいカモ?


サーバ動作としての設定

restrictで接続を許可するだけ!簡単。
# Clients from this (example!) subnet have unlimited access, but only if
# cryptographically authenticated.
#restrict 192.168.123.0 mask 255.255.255.0 notrust
restrict 192.168.111.0 mask 255.255.255.0 nomodify



 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/250-e721e5df
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫