RaspberryPi sambaサーバでストレージを公開

 2016-11-11
opi-clst用にnfsを用意してみたのですが、symlinkを辿れないのが不便だったので、sambaも用意してみました。
 
apt-getでsambaをinstallするとたぶん色々入ると思います。sambaとかsamba-commonとか入ってれば大丈夫かも。

そしてイイカンジに/etc/samba/smb.confを弄りますよ。
[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
wide links = yes
unix extensions = no
printcap cache time = 0
printing = bsd
load printers = no
disable spoolss = yes
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=65535 SO_SNDBUF=65535
smb ports = 445 139
hosts allow = 127. 192.168.24. 192.168.111.
workgroup = HOME_NETWORK
server string = OPi-CLST-MASTER_Samba
netbios name = OPi-CLST-MASTER
dns proxy = no
server role = standalone server
security = user
passdb backend = tdbsam
passwd program = /usr/bin/passwd %u
passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
map to guest = Bad User
browseable = yes
usershare allow guests = yes
[public]
comment = OPiCLST-MASTER smb
path = /mnt/export_smb
browseable = yes
public = yes
writable = yes
printable = no
only guest = yes
guest ok = yes


特別なセキュリティの設定等はしてません。この設定でインターネットに公開とかしないでください。
上記の設定では、map to guest = Bad User して guest ok = yes しているので、特に認証なしでアクセスできちゃいます。

symlinkを辿るには、wide links = yes とか unix extensions = no とかが必要らしいです。

socket optionsは特に検証してないけど、「こんな感じのがいいYO」ってインターネットで見たので入れてあるだけ。


とりあえずこれで動いてます。 
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/258-c2758803
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫