AZ-1 ヒューズを予防交換

 2017-04-23
フロントにバッ直端子を設ける等、電装電源系の健全化を進める上で、いつのモノなのかわからないヒューズを予防交換してみました。
完全に趣味の範疇です。
 

電源健全化について調べていると、ヒューズチューニングパーツという世界観が存在することを知りました。ははぁ、世の中には不思議なことが色々あるのですね。

というわけで私はヒューズの予防交換をして気を紛らわそうと思います。

AZ-1のヒューズボックスは運転席足下、ステアリングシャフトの右側にあります。全部で12個あり、ABSとフォグランプにそれぞれ1個ずつ割当たっているのでこの2個は要らないのかな? でもどこかでAZ-1は表示と実態がズレているという情報も読んだので、とりあえず全部換えておけば問題は無いはず。 そんなに高いパーツではないので。
oldfuse_prevent_000.jpg
10A 4個 (ラベル"ABS"含む)
15A 5個 (ラベル"フォグランプ"含む)
20A 2個
30A 1個
合計 12個


近所のホームセンターのカー用品コーナーで揃えて1.2k円くらい。 まとまった数買うと紙のお金が必要になるのね・・
oldfuse_prevent_001.jpg


ヒューズボックスカバー裏の予備品も含めて、全て新品に入れ替えました。精神衛生上の効果があります。
oldfuse_prevent_002.jpg
抜き取った古いヒューズは全て目視でチェックしましたが、特に不審な点も無く全て継続使用に問題はないと思われるモノでした。とりあえず小袋にまとめて、車載の応急工具箱の隅に入れておくことにします。(^^)



これで個々のヒューズは新品になって気分もイイカンジですが、さらに上流にはスローブローヒューズ(いわゆるヒュージブルリンク)がいるのでこいつらも換えてやりたいですね。腐食も見えるので心情的に換えたい。
oldfuse_prevent_003.jpg oldfuse_prevent_004.jpg
30A 2個 (HEAD, EGI(INJ))
50A 1個 (MAIN)
60A 1個 (ABS) ←私の車両はABS無しなのでヒューズはあるが電極が出てませんでした
合計 4個

30Aと60Aのヒューズは差し込みタイプなので手で引っ張れば抜けるものでしたが、50AのMAINのブツはビスで留まっているタイプなので交換時はちゃんとバッテリー端子を外してから作業しないとダメですね。

そしてこの50Aのビス止めタイプのヒューズがあんまり見つからない・・・ 差し込みタイプ(PAL 293, PAL 2938 って言うのかな?)はMonotaro等でも扱っているんですが、ビス止めタイプ(PAL 294C?)はなかなか見つからない。。
MAZDAのディーラーで注文するのが一番良い(AZ-1の補修部品の流通を維持するという意味でも。)のですが・・・うーん、今度行ってみようかなぁ・・
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/288-f5f9697c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫