AZ-1 ブリーダープラグ交換

 2017-07-22
先日ブレーキフルードを交換した際に、中古車購入時から開かずのプラグだった左後ろのプラグがついに緩んでくれたため、この際なので(?)ブリーダープラグを新品に交換します。
 

ブレーキフルードの交換は既に実施済みですが、プラグを交換するということはエア抜きが必要になり、結局フルード交換のような作業が必要になります。
フルードがちょっともったいない?気もしなくはないですが、そんなに高価なモノではないですし、フルードを交換しただけではふわふわブレーキが改善されなかったので、まぁ今回も頑張ってフルード交換をしていきます。ついでに。



マツダ屋さんに行ってブリーダープラグ4本くれ!というと部品を探してきてくれました。1本300円くらいで、4本で1200円でした。ついでにキャップも買いました@120円。
ブリーダープラグが1A0533691A、プラグのキャップがA00133693という部品番号でした。
AZ-1_brake-bleeder-plug_01.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_04.jpg



ブリーダープラグの締め付けトルクはいくつですか?と聞いてみると調べてくれて、6.9~9.8N・m(70~100kg f・cm)整備書の写しも戴きました。
AZ-1_brake-bleeder-plug_02.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_03.jpg
エア抜きの手順書も写しを戴き、それによるとエア抜きの順番は左後ろ、右後ろ、左前、右前、という順番でやるように指定されています。 まぁよくある感じ、ですかね。



ついでにお疲れ気味なホイールナットも交換することにしました。サーキットを走るわけでは無いので、特にメーカーや軽量化とかにはこだわりは無いので、MonotaROで安売りしていた17HEX M10 1.25ピッチの16個入りを1500円くらいで買いました。
AZ-1_brake-bleeder-plug_11.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_05.jpg



プラグの交換は特に凝ったことは不要で、普通に抜いて入れ替えるだけ。
AZ-1_brake-bleeder-plug_06.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_09.jpg



締め付けトルクは70~100kg f・cmらしいので、真ん中の85kg f・cmを狙うことにします。といっても0.85kg・mなのでこんな小さいトルクをカバーしてくれるトルクレンチなんて持っていないので、メガネレンチのお尻をバネ秤で引っ張って締めました。
レンチの長さが約18cmだったので、85[kg f・cm] ÷ 18[cm] = 4.72[kg] ということで大体4.7kgで引っ張りました。手応え的には、ルクレンチとそんなに相違は無かったです。まぁだいたいこんなくらいで締めるよね、って感じ。
AZ-1_brake-bleeder-plug_07.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_08.jpg



こちらはお疲れ様のホイールナット。一輪だけ貫通タイプだったんですよね。今回は全部一斉に交換したので、ちゃんと(?)四輪お揃いになりました。
AZ-1_brake-bleeder-plug_10.jpg



こちらはお疲れ様のブリーダープラグ。それなりにくたびれているものの、ブリーダーの穴は潰れていないし、ブレーキ配管に閉鎖される面は綺麗な状態だったので、ブレーキとしては健康体と思われます。
AZ-1_brake-bleeder-plug_12.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_13.jpg AZ-1_brake-bleeder-plug_14.jpg



このゴムのキャップって相当な耐久性があるんでしょうか?
ブリーダープラグと比べるとちょっとびっくりするくらいの新鮮さでした。キャップだけ交換歴があるのカナ?
AZ-1_brake-bleeder-plug_15.jpg



今回退役したナットとブリーダープラグは一旦予備役として手元に置いておこうかなと思います。そのうち処分しましょう。そのうちね・・・(といってどんどんガラクタが増えていく・・)
AZ-1_brake-bleeder-plug_16.jpg



フルードの交換(=エア抜き作業)では良くある感じの水槽用逆止弁を使ってワンマンブリーダーっぽく使いましたが、やはり水槽用のものはフルードに犯されてしまうみたいですね。なんだかよく分かりませんが白変していますし、表面に亀裂もあります。まー用都外使用ですので自己責任というやつですね。amazonで5個入り600円程度だったので、使い捨てですかね。
AZ-1_brake-bleeder-plug_17.jpg



今回プラグを交換し、フルードも交換(エア抜き)したことで、カッチリブレーキが戻ってきてくれました。これこれ。こうでなくっちゃ!
エア抜き作業は、前回と手順を変えているわけでは無く、普通にいつも通りの作業を行いました。ブリーダープラグが新品綺麗になって、作業中にエアが入りにくい状態に若返ったということでしょうか??

なんにせよ、新品というそれだけでとても気持ちの良いものですね。
これからも、機会があればすこしずつでも、アンチエイジングを進めていきたいです。
 
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/299-8351a824
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫