AZ-1 室内側ドアノブ交換 (初代ロードスターの部品)

 2017-07-29
こんなところが壊れるなんて思ってもなかったのですが、室内側のドアノブ(の一部)が割れてしまいました。
機能に問題は無いのですが一応修理しておこうかな。。。
 

「ドアをロックするノブ」の下にある、ロック時に赤い色を見せるためのカバーのような部分が割れてしまいました。
気づいたら割れていたので、なぜここが割れるに至ったのか、見当も付きません。。。裏側からネジ止めされている箇所を中心にパカッと割れているため、徐々に亀裂が成長していたのでしょうか・・。
AZ-1_inner-door-handle_01.jpg
この部分が割れると割れた破片がドアオープン時にドアノブが入り込む空間に嵌まり込んでしまい、ドアノブを引けなくなってドアが開けられなくなりました。窓越しに外からは開けられるのでしばらくはそれで凌いでました。(そしてゴソゴソやってるうちにポロッと破片を取り出す事に成功。。)



助手席は無事。本来はこんな感じです。
AZ-1_inner-door-handle_02.jpg



ネジ穴部分から割れているため修理が面倒です。
また、新品が出るならそれを買って、マツダに需要の存在を知らせた方がいいのかなと思っているので、さっそくマツダのディーラーで新品のドアハンドルを注文・・・しようとしたら、なんとAZ-1の室内側ドアハンドルは欠品&製造終了とのこと。なんてこった。
webで検索してみるとこのドアハンドルは初代ロードスターと同じ部品を使っているらしいということが分かり、初代ロードスターのパーツリストを出してもらいました。
AZ-1_inner-door-handle_03.jpg AZ-1_inner-door-handle_04.jpg
左がAZ-1で、右が(初代)ロードスターのパーツリストです。なんだかあからさまに形状が違います。。。
でも一部だけでも流用修理ができるのであれば助かるので、「ダメ元で」と注文をお願いしました。NA0158330C 2.7千円です。
後述しますが、AZ-1に使用するには一箇所だけリンケージのクリップを移植する必要がありました。
もし可能であれば、ロードスターのパーツリストの 58-316A (クリップ) を一つ買っておくと良いです。
(これ単品で発注可能かどうかは未確認です)




ドキドキわくわくしながら待つこと約一週間。
AZ-1に元々付いていたドアハンドルと、ロードスター用のドアハンドルを比べてみます。
AZ-1_inner-door-handle_06.jpg AZ-1_inner-door-handle_07.jpg AZ-1_inner-door-handle_08.jpg
AZ-1_inner-door-handle_09.jpg AZ-1_inner-door-handle_10.jpg AZ-1_inner-door-handle_12.jpg
ほとんど同じですね!



違うところを探してみます。
どうやらAZ-1のものは少なくとも3つの鉄板をスポット溶接して組まれていましたがロードスターの物は一枚モノをプレスしてあります。ロードスターの物は生産性向上のための更新版ですかね?
また、リンケージの取り付け箇所が1箇所だけ違います。しかし金型自体は同じなのか、形状は同じのように見えます。リンケージ固定用のクリップを移植することでポン付けできそうです。
AZ-1_inner-door-handle_09_arrow.jpg AZ-1_inner-door-handle_10_arrow.jpg AZ-1_inner-door-handle_11_arrow.jpg AZ-1_inner-door-handle_12_arrow.jpg



丁度良い具合に、樹脂成形のヘコみがあるのでそこを目印に5mmの穴を掘ります。最初は2mmか3mmでやった方がやりやすいです。
AZ-1_inner-door-handle_13.jpg



穴を開けたらAZ-1のドアハンドルからクリップを移植します。
AZ-1_inner-door-handle_14.jpg AZ-1_inner-door-handle_14_arrow.jpg
ロードスターのドアハンドルはリンケージとの接続に 58-316A と、76-448A という2種類のクリップを使用しますが、AZ-1の場合は2箇所共 58-316A を使っているようなので、ドアハンドルと一緒にこのクリップ(58-316A)も注文しておくと、全部新品にできます。
今回は未入手なので古いAZ-1のドアハンドルから移植ということで対応しています。



ちなみにドアハンドルに付くカバーも新品(ロードスター用 0.6千円)を購入してみましたが、こちらは特に変更は無いようです。普通です。普通。
AZ-1_inner-door-handle_15.jpg AZ-1_inner-door-handle_16.jpg



そして、あとはドアにポン付けするだけでおっけーです!
AZ-1_inner-door-handle_05.jpg AZ-1_inner-door-handle_21.jpg



・・・と、簡単に書きましたが実際には、古い車にありがちなネジ山に関する問題にぶち当たっており、ドアハンドルの修理よりもこのネジ類の修繕に時間を喰われました(´・ω・`)
AZ-1_inner-door-handle_18.jpg AZ-1_inner-door-handle_19.jpg AZ-1_inner-door-handle_20.jpg AZ-1_inner-door-handle_22.jpg
不思議なことに、なぜかこの部分のネジ山がかなりダメージを負っており、ダイスで結構削りました。
ナットも潰れていたので、フランジ付きステンレスM5ナットに交換・・したかったのですがフランジ付きは鉄しかなかったのでステンのナット・バネ座・ワッシャで固定しました。
錆は車の癌なので、ちょっとずつでもステンレス化を進めていきたい・・・。



交換後の素敵なドアハンドル。
AZ-1_inner-door-handle_23.jpg
ここは毎回手で触れる場所なので、新品交換による心理的幸福度がかなり高いです。手触りが違うんですよね。
古いプラスチックはサラサラ(もっと劣化してくるとザラザラ)してる感じですが、新品はツルツル、スベスベといった感じ。手触りが違うんです!



ロードスターならパーツ供給はAZ-1よりも良いでしょうから、ドアハンドルを流用できるというのは嬉しいことでした。
せっかくだから(?) 助手席側も換えちゃおうかな?

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/302-28e92085
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫