78K0Sのライタボード完成

 2009-09-27
MA330730.jpg
3ヶ月近くかけて作ったような気がする。

 暇をみつけてチマチマと進めていたので、組上げたのが先週くらいだろうか。その時にしょうもないミスでDC5V電源のところ、12VもかけてしまってADM202と74HC04が沈黙してしまいました。残念すぎる。HC04の方は、手持ちにHC14があったのでそれで代用しましたが、ADM202は無いので秋月さんに注文しました。そして今週それが到着したのでさっそく動かしてみた、という所です。
レギュレータ入れたほうが良かっただろうか…。


MA330731.jpg
 ハンダ面はこんな感じにスパゲッティです。最初の頃はダイソーのコテ使っていたのでかなり雑。今はゴートのコテを購入し、コテ先も予備2本常備してグリグリ使ってます。やはりダイソーは安かろう悪かろうかな。


MA330732.jpg
死んだ石。残念。 買うと800円くらい?



 ちなみに78K0Sはこんなものです。たまに78KOS(ななはちケイオーエス)とか書かれていたりする可哀想な石です。値段や性能でいうとPICやAVRなんかが良い選択肢となると思いますが、お手軽度で考えると78K0Sもなかなかの物ですよ。開発環境はNECエレクトロニクスのページから提供されているし、ライタボードの情報も載ってます。
 この開発環境が各種の制御関数を吐いてくれるので、ユーザはその関数を呼び出すだけで利用できます。嗚呼簡単。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/4-669e4ab9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫