大型特殊免許 3日目&検定

 2011-08-23
仕事にはまーーったく関係ない資格を取るのも悪くなかろうと、大型特殊免許をとるために教習所に通い始めました。
menkyo.jpg
3日目。最後の二時間の乗車ですが、まるまる全部が習熟走行なので特記する事はなし…。

あえて言えば、この日にとうとう縁石乗り上げを喫しました。それまでノーミスだったのですが、油断していたらうっかり。。 大特は重量のある車両を使いますがその分トルクがありますしタイヤも大きいので簡単に乗り上げてしまいますね。ちょっとくらいタイヤに当たった感触があると思ったのですが、あっ!と思ったときにはもう乗り上げています。
検定試験時に乗り上げた場合、その場で検定中止です。(^_^;)

3日目の乗車が修了したら教官の方に印鑑を押して貰って修了です。そのまま受付に行って検定の申し込みをしました。検定は別料金で6.5k円程度。もし仮にその検定に落ちた場合、1時間の補講を受けてから再検定になるので、さらに1万円近くかかります。気合い入れてかかりましょう。


検定。コースは、外周走行 → 30km/h走行 → 踏切(登り坂一時停止) → 信号右折 → 右折幅寄せ → 方向転換 → 停車 な感じでした。関門らしきものは方向転回くらいでしょう。発車前にコース見取り図を渡されますが、走行中も指示があるので暗記する必要はありません。
発車前の準備で、たとえ必要が無くともミラーを触る必要があります。どうやらチェックポイントになってるようですね。「準備してください」と言われたのでサッとミラーを触ったのですが、実は見てくれてなかったようで、エンジン始動しようとしたらやんわりと指摘されました。ちゃんと教官が見ているか気にしながら触りましょう(^_^;)

検定自体はものの15分程度で終わります。
私の時は大型の方と同じグループで検定を行っていましたので、大型二種の検定に立ち会いました。(立会人が必要?らしいです。) 大特の検定はすぐに終わりですが大型二種は50分くらいかかってました。。。大変だなぁ。


そして昼前になると合否が発表されます。合格した人はこの後の卒業式という儀式に出席せねばなりませんでした。できればこのまま免許センターに直行したかったのですが残念ながら無理。アンケート書いたり話を聞いたりとあんまり嬉しくない時間を過ごした後、晴れて私と教習所との契約関係が終了しました。おつかれさまでした。



menkyo.jpg翌日。免許センターで免許を更新します。教習所の卒業証書があるので、「学科免除」扱いです。視力検査代2k円と、免許発行代2k円を生け贄に、あたらしい免許をgetします。
昼前からかかって午後5時くらいまで拘束されます。ちょっとウンザリ。。。


これにて、今年の夏休みの目標は完遂です。
よーし、次はフォークリフトかなぁ。 バックホウも乗ってみたいなー。車両系建設機械ってやつでいいのかな?
まぁ、必要に迫られているわけではないので楽しみながらゆっくりゆっくり。。



大型特殊免許取得関係


 

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/49-f53d391f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫