とうとうSSDを買っちゃいました

 2011-10-09
まだ早い、まだ早いと見送ってきていましたが、
最近、新しいPCが欲しいと思うようになってしまったので、SSDを入れて誤魔化してみる。

 
DSC_0220.jpg
買ってきたのはcrucialのCT128M4SSD2というブツ。1.6万円くらい。近所のPC工房に行って「オススメ商品」てのがこれでした。
同価格帯にIntelの80GBなSSDもありましたが、+2千円で128GBなcrucialのものにしました。


DSC_0221.jpg
3.5インチシャドウベイに搭載するので2.5to3.5なアダプタも一緒に買ってきました。500円くらい。
SSDは機械的に動き回るような構造じゃないのでいざとなればその辺に追いとくだけでもいいとは思いますが。。


DSC_0223.jpg
PCケースに差し込む前に、ケース付属のマウンタに取り付けます。
今回使ったアダプタの関係でマウンタへの取り付けはイレギュラーな感じに…。一応収まったのでこれでいいや。


DSC_0225.jpg
ケースに差し込みます。メインで使ってるPCにはすでにHDDが4つ入ってますのでちょっと窮屈。
SATAケーブルは付属していないので、手持ちが無い場合は購入を忘れずに。


DSC_0226.jpg
とりあえずPCに電源を投入しBIOSから正常に認識されているか確認しましょう。
画像は、IDEにHDDが1個、SATAにSSDが1個、HDDが3個、USBでBD-Rが認識されてます。


DSC_0227.jpg
BIOSからの認識が正しければあとはデータを転送するだけです。
Partition Masterというソフトを使ってシステムデータを移行するのが常套手段のようですが、私は昔から使ってるNortonGhostで転送してしまいました。使い慣れたものが良いかと思って。。。
SSDへのレストアが正常に行えるかのトライアルにもなりましたね。


DSC_0228.jpg
データの移行が済んだらBIOSの設定でデバイスのBoot優先度を変更して完了です。
Hello, SSD world!!




Windowsの起動時間を比較してみました。
読み込み速度の差が出やすいように、JDownloaderを三つスタートアップに登録しておき、それらが実行されウィンドウが表示されるまでを比較します。
結果はやっぱりSSDが早かったです。あたりまえですけど。。

動画終盤でピピピッと音が鳴っているのはWindowsの効果音で、実行ファイルが実行されると「ピッ」終了すると「ピボッ」となるように設定しているため。
JDownloaderを選択した理由は、なんとなくJavaは読み込みが多い印象をもっているため。本来はもっと詳しく調べて的確なソフトを使うべきでしょうが、面倒だったので…。



気になるのは、ログインするあたりまではなぜかHDDのほうが先行しているということ。なんでだろ。
なんか設定を詰めればもっと早くなるのだろうか。

私の使い方は1度起動するとスリープさせながら1ヶ月くらいはそのままシャットダウンせずに使うので、起動時に数秒遅い、とかは誤差のようなものなのでとりあえずこれで様子見。



アプリケーションがパパッと立ち上がってくるのは本当に気持ちが良いですね。
新しいPCはまだしばらく必要ないかな!

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/52-6a34a995
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫