Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000 買ってみました

 2012-02-14
Dellのパソコンを購入した際に付属していたキーボードを延々6年間も使い続けてきてさすがに汚くなってきたので、新しいキーボードを買いました。

 
それまでは何の変哲もない「付属品のキーボード」をつかっていました。カタカナのタが夕になっているというアレです。
DellのPCを購入時からずっと使っているので…今年で6歳になるようです。
「なんの変哲もない」というのが功を奏したのか特に不満もなくいままで使っていました。

しかしさすがに汚れてきた(洗えばいいのですが)のと、最近仕事でも新しいキーボードが欲しくなっていたというのもあり、新規購入に踏み切ったのです。と言っても安物しか買えないんですが。


DSC_0414.jpg
Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000


DSC_0415.jpg
人間工学を用いて設計したという湾曲したキーボードです。
1度使ってみたかったのです。

この手の商品は大抵が高額商品なのですがこれはそのなかでもエントリーモデルの位置づけで値段が安い。

基本的には標準的な配列ですが細かくはちょっとずつ性格があったりする。
とりあえず今気づいた物としては・・


DSC_0416.jpg
Deleteキーが長い。 Insertキーがある場所まで伸びてる。 Insertは上の方に配置。
普段Insertなんて使わないし、Deleteの使用頻度を考えるとこれはアリ!


DSC_0417.jpg
Ctrlとカーソルキーと10キーがくっついてる。 手探りでちょっと探しにくい! 一応慣れるとは思うけど、出来れば隙間を空けていて欲しかった。


DSC_0418.jpg
半角/全角キーが(位置的に)低い、同じくESCやファンクションキーも低い。 もうちょっと背が高くても良かったかな。。


DSC_0419.jpg
長いスペースキー! これはアリ!


今はまだこの湾曲具合になれて無くて若干ぎこちないけど、湾曲自体はなんだか良い感じのような気がする。

脇を締めて手をまっすぐに前に置くよりも、がに股みたいなイメージで、脇を開いて若干前窄まりの形で手を置いた方が楽なので、そういう手の置き方ができる湾曲キーボードはなかなかよさげなんです。


打鍵感はしっとり、カチャカチャ音も若干小さい気がします。 と言っても比較対象は6年物の「付属品キーボード」なのですが。


とりあえずしばらく使ってみて、使い心地が良ければ会社で使う用に、もう一個買っちゃおうかな。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/66-8698c022
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫