タイマIC555を使ってPWM LED調光器を作ってみた

 2012-05-25
車載の小物向けにPWMで調光できるブツを作ってみました。

半固定抵抗とダイオード二本を用いる割とメジャーな回路をそのまま利用してます。

 
回路設計は面倒だし自分でやっても大した物は出来上がらないので、先人達の知恵を拝借。
googleで検索すると簡単に見つかります。ダイオード二本を上手いこと使ってHi期間・Lo期間を一つの半固定抵抗で制御する方法です。

これだとデューティ0%や100%の出力が出せませんが、目的がLEDの調光なので問題なし。手軽さを優先させました。
モータ制御等で0%の出力がどうしても必要なら、タイマIC555から三角波を出してそれをコンパレータで受ける・・・という多少面倒で部品点数も増えてしまう方法があります。面倒だからやんない。


折角オシロスコープも買ったのでデューティを確認しながらブレッドボードで動作確認。
出力は99.4~2.2%の範囲で得られました。十分でしょう。うん。


ブレッドボードでひとしきり動作を見た後は、蛇の目基板に写し取りました。
車載するのでハンドリングしやすいように入出力端子は端子台を使い、最終出力段には2SJ477を使って多少の負荷でも駆動出来るようにしておきました。 用途を考えるとオーバースペックなのですが、手持ちがこれしかないのでいいや。





BGM: #20:Message-生ギターVer- Senses Circuit http://www.senses-circuit.com/


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/75-b40499ad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫