Aterm WR9500N-HPを買いました

 2012-08-03
WR4100からのリプレース、です。

 
特別WR4100に不満があったわけではないのですが、4年近く使っていてそろそろ機能的に古くなってきていると言うことと、契約しているFTTHを1Gbpsに変更してみたいというのがあって、Gbitルータへの置き換えを考え始めました。

無線LANではNEC製が比較的品質が高いのはもはやお約束なので、今回も狙いはNECのAtermシリーズでしたが、一応YAMADAに行っていくつか見ました。結局、NECのGbitルータのほうがスループットが抜きん出て良かったので当初の予定通りAtermになりました。
他の製品がスループット300Mbpsとか400Mbpsのところ、NECのAterm WR9500Nは800Mbps程度とのメーカ発表があり、そこが決めてになりました。

規格はGbitだけど製品スペックのスループットはその半分以下、とかはノーサンキューですね。


DSC_0729.jpg
というわけで新旧並べてパチリ。
WR4100に比べて二回りくらい大きくなってます。


設定項目もほぼ同一で、特に問題なく移行できました。
伝統のUIはシリーズ展開されていて慣れた者には嬉しいですね。

Atermシリーズはネットワークの設定を有効にした後、それとは別に設定値を不揮発メモリに書き込むというステップが必要になりますが、逆に言えば設定を失敗した際に電源を入れ直すと元に戻るので、非常に親切な設計だと思います。ほかのメーカのUIも同じ構成になっているんだろうか?? 何年も前にバッファロの無線ルータを弄ったあとはずっとAterm一筋なので他はよく分かんない。

UIの構成が一緒なので、curlでWR9500を再起動させるのも、WR4100と同じコマンドで出来ました。
こういうところも手間がかからず良いね。


今回の目的はGbitWANだったので、実力を発揮するのはまだ先です。
とりあえずISPにはGbitの契約に変更する旨連絡済みなので、しばらくしたらWR9500の実力を発揮してくれることでしょう。

たのしみ。


 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/80-0b5aaeb9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫