PIC12F683でヘッドライト消し忘れ警告ブザーを作る

 2012-12-09
PICのお勉強がてら。
 
最初は手持ちの中で一番安価なPIC10F200でやっていましたがFlash領域に入りきらなかったのでPIC12F683に変更しました。アセンブラで書けば入るのでしょうが、面倒なのでカリカリチューンはやりません。。気力がない。
どうせ数十円しか違わないし。



PICkit3は持っているものの、付属の評価ボードでしか読み書きしたことはない。今回が初の試み。
おそるおそるICSPの接続pinに接続すると… あっけなく書き込みできました。もうちょっと苦労するかなと思っていましたがさすが純正ツール?
DSC_1058.jpg
写真はPIC10F200のLEDちかちかで味見中。


書き込みが出来ることは確認できたのでブレッドボード上にさくっと部品を載せて確認します。
DSC_1060.jpg

PICkit3はありますが8pinでFlashも小さいのでデバッガとしては使いませんでした。試してすらないです。今回のやつなら伝統的なLEDデバッグで十分です。
PICで本格的に「動く」ものは初めてですが、端子の入出力設定で難儀しました。いろんなところからレジスタでマスクされてて一個ずつ確認しながら道筋を開けていきました。面倒~~。慣れれば良いのでしょうが。
78k0sなんかだと端子の共有機能を選択するレジスタが一纏めになっていたのでそこさえ見ていれば良かったんだけどなー。


PIC10F200に入りきらないと分かった時点から気力が消え失せたので動作すること最優先にゴリゴリ書きました。



ブレッドボード上で問題無いようだったので基板に写し取り。
おそらくもう二度とメンテすることは無いでしょうが、念のためICSP端子を付けておきました。後から付けるのは面倒だからねぇ~
DSC_1061.jpg DSC_1062.jpg DSC_1063.jpg




できあがり。





取り付けは面倒なので気が向いたときに。
 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/93-cc5f7e9f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫