AZ-1 オーディオヘッドユニット取り付け

 2013-01-05
中古で購入したときについていたSONYのちょい古ヘッドユニットの調子が悪くなったので(ディスプレイがだんまり)、carrozzeriaのMVH-380を購入。

さっそく取り付け取り付け。
 

DSC_1103.jpg
carrozzeriaのMVH-380です。(上に乗っているのは一緒に購入したレーダー探知機)
ラジオ、WMA,MP3の再生に対応し、CD,DVDは未対応、USBホスト機能からデータを喰うのみ、という非常に潔い仕様。
あとお値段が安い。(重要)



DSC_1108.jpg
そしてこれも一緒に購入したUSBフラッシュメモリ。SanDiskのCruzerFit 32GBと16GB 最近はすごく安くなったね。
MVH-380は前面にUSBコネクタがあるので取り付けたときにあまり飛び出さないようなコンパクトなものを選びました。基本的に刺しっぱなしで運用するので、突起物は減らしたい。



DSC_1110.jpg
一般的な1DINのヘッドユニットなので何も難しいことはなく、サクッと交換…というわけには行きませんでした。
さすがAZ-1、というべきか… ワイパーのコラムスイッチに干渉してヘッドユニットが抜けません(>_<)
パズルのように抜けないか?としばらく格闘しましたが結局、コラムカバー、コラムスイッチを外して少し下にずらすことで作業スペースを確保しました。写真下の方に斜めになっているのがワイパーのコラムスイッチ。コラムカバーはビス4本、スイッチはビス3本(だったはず)を抜けばフリーになります。
うーん、予備手順が多くて面倒。



DSC_1113.jpg DSC_1115.jpg

あとはサクッと交換するだけ。 黒い一枚は夜の照明をパチリ。思ったように撮れなかった。
照明は赤色のみで色変更はできません。また、一応照明減光はあるのですがあんまり変わらないです。ちょっとまぶしい。




機能的には特に文句なし。エンジンONで以前の再生位置から復帰しますし、カリカリに音をチューンするわけでもないので十分。
すこし残念なのは、曲送りやフォルダ移動がボタン式になっていること。できればボリューム軸の傾斜でスイッチしたかった。。 ボタンが小さくてブラインド操作のときにまごつくんですよね。慣れればいいのでしょうけど。。

 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wbbwbb.blog83.fc2.com/tb.php/97-2c28826c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫